Google Chrome font (グーグルクロームフォント) が汚い 2/2

代表の山中です。

 

前回Google Chrome font (グーグルクロームフォント) が汚い 1/2 にて、Google Chromeブラウザ上の設定から「フォントのカスタマイズ」を変更し反映させる最新(2020/7/9時点)の方法を共有させていただきました。

 

が!

まだ汚い!

カクカク、ギザギザ、こんなんではGoogle Chromeなんて使いたくないMicrosoft Edgeにするか…

(個人の感想です)

現在、私はGoogle Chromeを使い続けております。さらに飛躍的にフォントを見やすく綺麗にすることができましたので、私の環境と方法を共有いたします。今回はブラウザではなくWindowsOSの設定でフォントスムージングを調整していきます。

 

検証PCスペック
・Google Chromeバージョン: 84.0.4147.135(Official Build) (64 ビット)
・Windows OSバージョン: Windows8.1pro

 

手順

1. Windowsの「コントロールパネル」を開きます

2.「デスクトップのカスタマイズ」を選択

3.「フォント」の「ClearType テキストの調整」を選択

※ここに「ClearType テキストの調整」が表示されていなければ、「フォント」を選択するとサイドメニュー(左側)に表示されています

4.「ClearTypeを有効にする」に☑を入れ、「次へ」で進みます。以降は、ナビに沿ってフォントが見やすくなるよう自分好みに選択していきます

以上4ステップで終了です。

 

私はカクカクを軽減する為にGoogle Chromeで細字のフォントを選択していたのですが、スムージングするとなめらかになり、薄くさらに細くなったので選びなおしました。

 

私のGoogle Chromeフォント設定を参考までに載せておきます。
・フォントサイズ: 16
・最小フォントサイズ: 11
・フォント: Noto Sans CJK jp-Regular

 

Noto Sans CJK jpのダウンロード先はこちらです

サイト内検索ボックスへ ” jp ” と検索すると早いです、ダウンロードするとフォントが7種類入ってますが、使用したいもの一つだけインストールしてください、Google Chromeが種類を認識できない為。

フォントファイルを右クリックし「インストール」を選択すればインストールできます。アンインストールはディレクトリ「C:\windows\Fonts」を開き、該当フォントファイルを削除することで完了します。

Google Chromeフォント設定でフォントプルダウンから「Noto Sans CJK JP」を選択すれば私と同設定です。フォント設定は私のカスタマイズをお勧めするわけではございません、仕事のご依頼時に、私と同じ設定にしたとお伝えいただくと少しお安く御見積を提出するメリットがあるぐらいです。

 

皆さまの快適なブラウンジングに少しでも貢献できれば幸いです。

前回記事Google Chrome font (グーグルクロームフォント) が汚い 1/2