BOOGALOOメニュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
nanani | 憩いの場・コミュニティサイトはこちら

富嶽三十六景

浮世絵が好きなので浮世絵ギャラリーを作ります。うちにいるダンゴムシも載せておきます

冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)は、葛飾北斎による富士図版画集である。1831-34年(天保2-5年)版行。全46図。版元は西村屋与八(永寿堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

言わずと知れた富士山です

落款
神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)
凱風快晴(がいふうかいせい)
山下白雨(さんかはくう)
深川万年橋下(ふかがわまんねんばしした)
尾州不二見原(びしゅうふじみがはら)
甲州犬目峠(こうしゅういぬめとうげ)
武州千住(ぶしゅうせんじゅ)
青山圎𫝶枩(あおやまえんざまつ)
東都駿臺(とうとすんだい)
武州玉川(ぶしゅうたまがわ)
相州七里濵(そうしゅうしちりがはま)
武陽佃嶌(ぶようつくだじま)
常州牛堀(じょうしゅううしぼり)
甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)
信州諏訪湖(しんしゅうすわこ)
逺江山中(とおとうみさんちゅう)
甲州三嶌越(こうしゅうみしまごえ)
駿州江㞍(すんしゅうえじり)
東都浅艸本願寺(とうとあさくさほんがんじ)
相州梅澤左(そうしゅううめざわのひだり)
下目黒(しもめぐろ)
上総ノ海路(かずさのかいろ)
登戶浦(のぼとうら)
東海道吉田(とうかいどうよしだ)
礫川雪ノ且(こいしかわゆきのあした)
御厩川岸ゟ両國橋夕陽見(おんまやがしよりりょうごくばしせきようをみる)
東海道江尻田子の浦略啚(とうかいどうえじりたごのうらりゃくず)
相州江嶌(そうしゅうえのしま)
江戶日本橋(えどにほんばし)
江都駿河町三井見世略圖(えどするがちょうみついみせりゃくず)
相州箱根湖水(そうしゅうはこねこすい)
甲州三坂水面(こうしゅうみさかすいめん)
隠田の水車(おんでんのすいしゃ)
東海道程ヶ谷(とうかいどうほどがや)
隅田川関屋里(すみだがわせきやのさと)
五百らかん寺さゞゐどう(ごひゃくらかんじさざいどう)
身延川裏不二(みのぶがわうらふじ)
従千住花街眺望ノ不二(せんじゅはなまちよりちょうぼうのふじ)
駿州片倉茶園ノ不二(すんしゅうかたくらちゃえんのふじ)
東海道品川御殿山ノ不二(とうかいどうしながわごてんやまのふじ)
甲州伊沢暁(こうしゅういさわのあかつき)
本所立川(ほんじょたてかわ)
東海道金谷ノ不二(とうかいどうかなやのふじ)
相州仲原(そうしゅうなかはら)
駿州大野新田(すんしゅうおおのしんでん)
諸人登山(しょにんとざん)

次回は東海道五十三次 – 保永堂版です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOOGALOO BOOGALOO ブガルー代表

憩いの場・コミュニティサイト
nanini を開発いたしております
左のリンクボタンからどうぞ↓🙏

目次
閉じる