情報化社会・知識経済におけるサービス品質の変化

代表の山中です。

 

社内業務レベル、社外商品サービス品質をラーメンに例えて、思うことを書いていきます。

 

インターネットが広く普及し、”美味しいラーメンの作り方”を検索したらいくらでもレシピを知ることができます。

従来、ノウハウは営業秘密とすることが当たり前でしたが、知識経済では積極的に公開してます。

 

ノウハウを「一時的に直接売る」ではなく、「永続的に公開」し、アクセス数や会員数を増やし広告費や会員費などを目的とします。

 

「暖簾分け」、「チェーン」、「フランチャイズ」などは直接レシピ研修を受けてから開店です。

 

教えを乞わずとも、経験者や開発者が積極的に教えてくれる時代です。

ノウハウを教えてもらうのに、競争社会にて死に物狂いで自らリスクを負い結果をだし、狭き門をくぐり抜ける時代ではなくなりました。

 

美味しい味を提供するラーメン屋が乱立し、美味しいのは当たり前の時代が到来し、”映え”、”予約システム”、”衛生”など他で差別化を図るものだと想像しておりました。

 

なのですが…
美味しくない店いくらでもありますよね。

 

すごい美味しい新店できた!!
2週間後、店に行くと作る人が変わっている。無事立ち上げし運用安定したのでマスターから雇われ店長へ引継ぎをされた様子。
不味い…なんだこれは流行りのyoutuberのドッキリか…

 

レビューが高い☆☆☆☆、これは期待できる。
不味い…なんだこれは流行りのyoutuberのドッキリか…

 

レビューが低い☆☆、これは期待してはいけない。
美味しい…なんだこれは流行りのyoutuberのドッキリか…

 

※レビューサイトでは、悪評など削除申請することができます。コメントなし☆だけでの評価は削除申請することができなかったりします。

 

同じ店でも作る人によって「美味しい」、「不味い」と個人差があります。

結局、過去も現代も品質は「人」なのだと感じてます。

時代が変わり、人が変わり、情報(答え)がある。

ですが、人は人が育てないと成長できず、品質意識は上がりません。

 

多店舗展開では味よりも効率と収入、老舗ではやる気と覚悟があるのは最前提、実力があるものだけに味を踏襲し伝統品質を維持。

 

老舗意識の人間を中心に規模拡大を図っていきたいなと存じます。